良く解る道路交通法|弁護士ナビ

交通事故発生時の基本マニュアル 最低限の法律知識

今日は交通事故発生時救護義務、申告義務、義務不履行(ひき逃げ)などの留意事項と基本的対処事項に対して見ていきます。

 

交通事故発生時の基本的対処
一般的に自動車を運転する人々は、ほとんどの事故に対する経験がなくて事故発生時、いかなる措置を取らなければならないのか分からないで慌てる場合が多いです。事故が発生すれば法律的義務事項である申告義務とケガ人に対する応急救護措置を優先しなければならなくて、事故現場に対する証拠資料確保も必須的にしなければなりません。事故当事者である自身も事故に対する資料を確保して、その資料に基づいて専門機関に任せて事故原因を分析することによって誤った結論を正すことがあります。

 

現場での基本的対処事項では次のとおりです。

 

-事故発生時運転者は相手方の車と自分の車の最終停止位置を噴射用ペイントなどを使って正確に表示して写真撮影をしておきます。
-相手方の車と自分の車の損傷の部分を把握して写真撮影をしておきます。
-衝突によって破損残存物が道路に落ちている場合、落下位置を正確に把握した後写真撮影しておきます。
-道路が掘られた跡など道路にできた跡を正確に把握して写真撮影をしておきます。
-周辺にあった他の車両の人々や目撃者を探して人的事項を記録しておいて現場整理が終わった後早期に事実関係の確認をしておきます。

 

交通事故発生時有意事項

 

申告義務

交通事故内容が人的被害でも物的被害であろうとも死傷者救護措置が終わった後直ちに近い警察所に申告をしなければなりません。このような申告義務を違反すれば処罰を受けることになります。ただし、事故後また他の事故がおきないようにするということはもちろん、交通疎通にも障害が無いようにするなどの措置を一時には申告義務が免除されます。

 

救護義務

道路上で自動車事故が発生した場合には事故車両の運転者や同乗者は自分または、相手方に過失があってもなくても直ちに車を止めて死傷者を救護するなど必要な措置を取らなければなりません。
万一、このような救護措置を取らなければ捜査結果交通事故自体には何の誤りがないと判断されても処罰を受けることがあります。また、交通事故現場で逃亡してしまえば誤りが多いと判断されて捜査上不利な取り扱いを受けることもあります。

 

構造義務不履行(ひき逃げ)

自動車を運転して人を死傷したり物を壊す交通事故を出した場合、運転者は直ちに停車して必要な措置を取る義務があって、このような措置を取らないで逃走した者には一般的にひき逃げ罪が成立します。ひとまずひき逃げ疑惑が認められればたとえ自動車総合保険に加入していたり被害者と合意があっても特定犯罪加重処罰法などに関する法律によって厳しく処罰を受けることになります。

 

 

ひき逃げに該当しないようにするなら次のような措置を必ず取らなければなりません。

-交通事故発生時事故場所に直ちに停車、事件被害者の傷の有無確認しなければなりません。
-運転者の運転免許証または、名刺などを交付して身分、電話番号などを確認しなければなりません。
-本人もケガした場合には一行や周辺人の助けを受けて後送措置しなければなりません。
-警察署に申告して保険会社に連絡して事故受け付けなければなりません。
-被害者が大丈夫だと答える場合にも連絡先、身分確認は必ず必要です。

 

参考情報 東京みずき弁護士事務所
交通事故 弁護士 東京